FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慰め

悲しみ嘆いている人は幸福です。そういう人は慰められるからです。 マタイ5:4

先日、日野原重明さんがお亡くなりになりました。105歳でした。世に言う大往生なのでしょうが、キリスト教では召天といい、天に帰ると表現します。聖路加病院の名誉院長をなさっていました。生涯現役を貫かれ、人のために身をささげて来られました。
「生き方上手」の本もミリオンセラーで、多くの人々に感動と勇気を与えて来られたのです。
「私の生き方が変わったのは、59歳の時です。1970年の日航機・よど号ハイジャック事件に遭遇したのです。私たち人質が解放され、空港の上を踏んだ時、『ああ、地球に帰ったな』と実感しました。あの時の足の裏の感覚を生涯忘れないでしょう。今までは有名な医者になり、いろいろな仕事をやることが目標でしたが、こうして助けられたんだから、これからは自分中心でない、もっと外に向いた、人のためになる生き方をしたいと強く思うようになりました。」
日野原さんはイエス様を愛する一人です。聖書の中で一番好きな箇所が、「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です」とのことです。
召天された日野原さんを偲び、今までの功績に感謝しつつ、どうか主の御胸において安らかに過ごされますように、と祈ります。主イエスさまは私たちの慰めです。ご家族の上にも慰めがありますように。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 17:07:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<傷心の人へ | ホーム | 永遠の慰め>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sometada.blog95.fc2.com/tb.php/250-6aa9c789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。