FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失望に終わることがない

そればかりでなく、患難さえも喜んでいます。
それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が
練られた品性を生み出し、練られた品性が
希望を生み出すと知っているからです。
この希望は失望に終わることがありません。
なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
神の愛が私たちの心に注がれているからです。
 ローマ5:3-5


希望は失望に終わることがありません。何といううれしい言葉でしょうか。今の現実は失望することばかりです。派遣切りという無情な言葉が毎日のように聞かれます。その中に職を失い、住居を失った人がいるわけです。

希望をしっかりもって生きることが大事です。しかし、希望をもってまじめにやっていても失望はやってきます。聖書で語られている希望とは、世や世の中のものに対してもつ希望ではありません。神に対して絶対的希望を持てるというのです。神は信頼して従う者に対して、決して失望で終わらせるようなことはなさいません。

神は愛です。愛である神が私たちを愛してくださっていますから、失望させられることはありえないのです。神の愛が注がれているのです。それは聖霊によって注がれています。神は霊的なお方ですから、聖霊により注いでくださることが体験的に伝わってきます。愛されているのだ、という実感が与えられるのです。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/18(木) 16:50:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生ける望み | ホーム | ただ神の栄光を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sometada.blog95.fc2.com/tb.php/214-9a3a71e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。