FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

罪に定める

こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が
罪に定められることは決してありません。
 ローマ8:1

罪に定められることはありません。私たちは知らず知らずのうちにも罪を犯していることがあります。知って犯すことはもちろん罪ですが、知らないで犯すことも罪にかわりはありません。すべての人は罪を犯している、と聖書は断言しております。

ここではキリスト・イエスにある者は罪に定められことはありません、とあります。すべては罪人なのに、キリストにある者、すなわちクリスチャンは罪に定められないというのです。同じように生きているのになぜ定められないのでしょうか。殊更に、キリストにある人は高潔で、俗世から離れた生活をしているからでしょうか。そうではありません。いくら離れていたとしても、心の中では良くない思いになったり、憎しみや妬みの思いは持ってしまいます。

ただ、キリストにある者は、自分が罪人であることを認めています。その罪をイエスが十字架にかかり、許してくださったことを知っているのです。恵みにより、信仰によって人は救われることを実体験として知っているから、もう罪に定められることはないのです。過去の罪、現在の罪、これから犯すかもしれない罪すべてを主は背負って死んでくださいました。

そのことを感謝します。決して罪に定められることはない。なんと幸いではありませんか。罪に定められないということは、罪の刑罰である永遠の滅びもない。そこから救い出されているということです。ハレルヤ!感謝します。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/17(月) 15:37:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<価なしに | ホーム | 日々新たに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sometada.blog95.fc2.com/tb.php/182-70727572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。