FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平和を

平和を実現する人々は幸いである。
その人たちは神の子と呼ばれる。
 マタイ5:9

今日は広島に原爆が投下された日です。72年になります。
「あやまちは繰り返しませんから。安らかにお休みください。」

あの日、10万人以上の命が奪われてしまいました。
一瞬の閃光で尊い命が失われたのです。
誰が過ちを犯したのでしょうか。原爆を投下したアメリカでしょうか。
戦争をしかけた日本の軍部でしょうか。

それぞれには言い分があるでしょうが、現に犠牲者がこんなにもたくさん
出てしまったのは事実です。
兵器としての核は悪いものです。廃絶すべきでしょう。
しかし、核を持たなくても生物兵器、化学兵器、更にはサイバーという兵器。
今は脅威となるものは一つと限りません。
核爆弾は脅威度が大きいので持つと持たないとでは天と地の差があります。
ですから北朝鮮は何と言われようと、核開発を止めようとはしません。

日本は非核三原則を唱えています。核を持つことを止めています。
けれども米国でも日本も核を持ったほうがいい、とかいう人もいます。

平和を実現する、造りだすというのは、口で言うほど容易ではありません。
神様の心がないとできないでしょう。だから、そういう人々は神の子と
呼ばれるのです。
心を尽くして神を愛する。
自分を愛するように他の人を愛する。
神の子とはこのような人々です。
今は神の子が最も必要な時代だと思います。

第三次世界大戦が起きるのではないか、と論じられる昨今です。
戦争ではなく平和が実現しなければなりません。
神を恐れ、となりの人を愛する、神の子を神は求めておられます。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/06(日) 17:46:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷心の人へ

傷心の人々をやさしくいたわり、傷口を包帯で手当てしてくださいます。           詩篇147・3
更新のペースが遅くなって申し訳ありません。毎日暑くて大変ですが、適度の休憩と水分、養分を取ってこの夏を乗り切りましょう。
政界がにぎやかですが、野党民進党の代表蓮舫氏が、代表を辞任されるとのこと、昨日までは、頑張って代表を続けることを表明しておられたのですが、何があったのでしょうか。一寸先は闇と言われる政治の世界です。自民党ももりかけ問題で相当たたかれて内閣の支持率は右肩下がりで降下しております。加計学園の何が問題なのか、説明を聞けば聞くほど、違法性はありませんし、安倍総理の関与はありえないことがわかります。こんなことを国会で長々と議題にして論じるよりも、もっと中国の尖閣への侵入や、日本への感染や戦闘機などの異常なまでの接近に対して話し合う必要があると思います。さらには、北朝鮮の核とミサイルの度重なる実験にもっと危機感をもって対処すべきでしょう。あまりにも暢気すぎると思いますね。
さて、神は傷心の人を労わって下さり、傷口を包帯で手当てしてくだとさるあります。私たちは、人によって傷つけられます。肉体においてだけでなく、心において精神的な傷を負わされるのです。思いがけない一言で立ち上がれなくなるほど傷を負うということもあります。信頼していた人から傷つけられる。なかなかその傷は癒されません。本来であれば、傷つけた人が謝るとかすることによって、和解すればいいのでしょうが、傷つけた人には傷つけられた人の痛み、苦しみはわからない。
神はナースやドクターのように、その傷をいやしてくださいます。イエス様は、私たちの痛み、苦しみをよく理解して、いやし包帯で包んでくださるのです。
きっと蓮舫氏も心ない言葉などに傷つき、もう立てないという思いになったのではないかと想像します。傷心の人々をやさしく労わってくださる神のところに行くなら、どんな深い傷であろうといやされます。そして生かされます。再び立ち上がることができます。もし、傷心の状態であれば、神の前にお祈りください。心の苦しみを打ち明けて、お委ねください。神がいやし、苦しみを取り去ってくださいます。
  1. 2017/07/27(木) 21:02:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慰め

悲しみ嘆いている人は幸福です。そういう人は慰められるからです。 マタイ5:4

先日、日野原重明さんがお亡くなりになりました。105歳でした。世に言う大往生なのでしょうが、キリスト教では召天といい、天に帰ると表現します。聖路加病院の名誉院長をなさっていました。生涯現役を貫かれ、人のために身をささげて来られました。
「生き方上手」の本もミリオンセラーで、多くの人々に感動と勇気を与えて来られたのです。
「私の生き方が変わったのは、59歳の時です。1970年の日航機・よど号ハイジャック事件に遭遇したのです。私たち人質が解放され、空港の上を踏んだ時、『ああ、地球に帰ったな』と実感しました。あの時の足の裏の感覚を生涯忘れないでしょう。今までは有名な医者になり、いろいろな仕事をやることが目標でしたが、こうして助けられたんだから、これからは自分中心でない、もっと外に向いた、人のためになる生き方をしたいと強く思うようになりました。」
日野原さんはイエス様を愛する一人です。聖書の中で一番好きな箇所が、「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です」とのことです。
召天された日野原さんを偲び、今までの功績に感謝しつつ、どうか主の御胸において安らかに過ごされますように、と祈ります。主イエスさまは私たちの慰めです。ご家族の上にも慰めがありますように。
  1. 2017/07/20(木) 17:07:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠の慰め

どうか私たちを愛し、(中略)永遠の慰めと希望とを与えてくださった、主イエス・キリストと父なる神が、あらゆる励ましをもって、あなたがたを勇気づけ、ことばと行いとで、善を追い求めさせてくださいますように。 2テサロニケ2:16,17

将棋の加藤一二三九段が引退をされました。藤井四段と最初に対戦をして、最初に負けたことにより、藤井四段の29連勝がスタートしました。そこから一躍有名になった、というよりは、加藤さんはこれまでも数々の実績を積んで来られていましたので、その力は実証済みでありました。加藤さんの風貌や、話のしぐさ、語る内容がかわいらしく、お茶の間でも人気となったのでしょう。将棋にブームが巻き起こりそうな予感がいたします。
その加藤さんが、クリスチャンであることが、本人の口からも語られました。あの憎めないキャラクターは神に愛されていることを知っているからこそ形づくられているのだと思いました。将棋の勝負は、10時間を越える長丁場となります。それでも勝つことだけを信じて打つのでしょうが、へぼ将棋しか知らない者にとっては、とてもむつかしいと途中でさじを投げてしまいそうです。
神は永遠の慰めと希望を与えてくださった、とあります。この世では慰めは一時的なものばかりです。永遠の慰めとは何なんでしょうか。永遠とはこの地上だけでない世界をも含んでいます。地上では一時的な慰めしかなくいですが、天においては永遠の慰めがあります。誰が慰めを下さるのですか。神であり、主イエス・キリストであります。慰めとは生きること、希望をもって生きることです。主イエスを信じる者は、永遠の命が与えられます。滅びることはありません。罪が赦され、神と和解しているからです。そして神の子という身分が与えられています。地上で勝つだけでなく、御国においても勝利者とされるのであります。
あらゆる励ましをもって、勇気づけられ、善を追い求めされてくださいます。アーメン!
  1. 2017/07/12(水) 09:38:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様の慰め

幼いころからずっと、私は神様にお従いしようと心がけてきました。神様のおことばによって、いつも慰められてきました。
    詩篇119:52

子どものころから教会に行って、神様のことばを聞いて育つ人は幸いです。日本では、キリスト教会が約8千ほどあるそうです。クリスチャン人口が100万人と言われていますが、カトリックなど含めていますので、いわゆるプロテスタントの教会は、その3分の1ほどでしょうか。忠実に日曜日に礼拝を守っている人は、プロテスタントでは30万人いるか、どうかです。少数です。韓国などは、1千万人以上いると言われています。親がクリスチャンであれば、日曜日は教会に連れて行かれ、教会学校、礼拝と出て、聖書の学びを受けます。
幼いころからずっと神様に従う、と決心して、実践できる人は幸いです。神様に祝福されています。神様のおことばによって、慰められてきました。人からの慰めもありがたいことですが、神様からの慰めは確かです。「あなたを離れず、見捨てない」と神様は私たちに語っておられます。神様は私たちを裏切ることはなさいません。私たちは時として、人を裏切ったりして悲しませてしまいますが、神様は真実なお方ですから、どんなことがあっても裏切ることはなさいません。私たちが、お従いしようと心がけるかぎり、神様は私たちを守り、導いてくださいます。「年の若いうちに造り主を覚えよ」とあります。今ほど若くはならないのですから、今です。今、あなたの造り主である神様を覚え、お従いしましょう。神様の祝福をお祈りいたします。                       
  1. 2017/06/15(木) 20:41:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。